PHOTO・NO・MAKI FESTIVAL

フォトノマキフェスティバルでは、日本を代表する写真家である立木義浩氏、50年に渡り石巻地域を撮り続け写真集「北上川」を上梓した橋本照嵩氏、世界中の国々を訪れ、海の中から生き物、虹、風景、星空まで、地球全体をフィールドに撮影活動を行っている高砂淳二氏、気鋭の女性写真家田頭真理子氏を迎えワークショップ形式のフォトセッションを実施します。

WORKSHOP REPORT

Session3 「お母さんの携帯写真教室2019」
講師:橋本照嵩氏
日時:2019年10月11日(金) 黄金浜ちびっこ広場 のびちび
   2019年11月14日(木) ベビースマイル石巻ボンボンカフェ@蛇田第一集会所

継続したお付き合いでわかること

ここ数年、お母さんの写真教室は同じ場所へと伺っています。橋本氏の思いは、子供の成長を通じて見えてくる町や人の移り変わりがあるから。今回、ベビースマイルのボンボンカフェでのワークショップを開催させていただき、気がついたことがあります。それは、通っておられるお子さんに0歳から2歳が目立ったことです。ふと、疑問に思いスタッフの方にお話を伺うと、最近は保育所や幼稚園に通うお子さんが目立ち、お母さんたちが震災前のように働きに出られる方が増えたということでした。復興住宅に越し、再建された町には、保育所や幼稚園、学校が新設され住民の皆さんの暮らしが変化してきたと言えます。
お母さんの携帯写真教室2019

また、ちびっこ広場ではお母さん同士、場所の存続について真剣に意見を交わす様子にも立ち会うことができました。主体的に社会や震災と向き合う母の強さもひしひしと伝わってきたのです。このワークショップでの発掘された写真は、その真実を見事に写し出しています。
お母さんの携帯写真教室2019 顔なじみのお母さんは勝手知ったりのご様子で、スマートに応募作業まで進みます。初めてのお母さん方も交えて橋本氏のいつもながらの抜群の写真セエクトに会場は優しい微笑みに包まれていました。

フォトノマキとして、同じ場所でワークショップを数年にわたり開催させていただくことで、垣間見れる復興の息吹を感じることができました。

お母さんの携帯写真教室2019

Session 3)お母さんの携帯写真教室2019

講師:橋本照嵩氏

日時:2019年10月14日 黄金浜ちびっこ広場 のびちび
2019年11月4日 ベビースマイル石巻ボンボンカフェ@蛇田第一集会所

橋本照嵩